--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2010/01/13

【ポケモン】WCS千葉

2010/01/11 千葉大会決勝戦の詳細です。


優勝 まふゆ

ドーブル@こだわりスカーフ
ねこだまし/ダークホール/ふういん/トリックルーム

パルキア@カゴのみ
あくうせつだん/かみなり/だいちのちから/みがわり

ギラティナ(アナザー)@ラムのみ
げきりん/シャドーダイブ/こごえるかぜ/まもる

バンギラス@いのちのたま
いわなだれ/けたぐり/りゅうのまい/まもる


準優勝 はと

ミュウツー@いのちのたま
ふぶき/だいもんじ/くさむすび/まもる

メタグロス@オッカのみ
アームハンマー/バレットパンチ/だいばくはつ/まもる

ユキノオー@きあいのタスキ
ウッドハンマー/ふぶき/こおりのつぶて/まもる

ディアルガ@こだわりメガネ
りゅうせいぐん/かみなり/だいちのちから/まもる


バトルビデオ:16-21089-45585
ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm9369556




対戦の様子を見させて頂きました。

準優勝者の催眠対策がなっていないように感じられますね。
GSにおいて催眠行為自体が珍しくなってはいますが、こういう事故防止の為にも催眠対策はしておくべきです。
とはいえ、催眠対策をしていないパーティでもそれなりの勝率が出せるのがGSルールです。



優勝者のパーティに注目しますと、
やっぱりスカーフドーブルが目を引きますね。
禁止級伝説のスカーフ持ちにことごとく弱いので非常に数は減っていたスカーフドーブルですが。

自分も含め、そういった弱点があるスカーフドーブルの使用者は少ないだろうという方々の慢心を無くしてくれた良い試合だと思います。
これからのWCSでは必ず対策されていく事でしょう。

ただスカーフ封印の意図がいまいち読めません…
トリックルーム対策にしてはハイリスクローリターンだと思います。
ギラティナが控えに居るので、封印を大爆発にしても良いんじゃないかと思いますね。



次に準優勝者のパーティ。

メジャーとされる先発ノオーミュウツーの亜種的な構成だと思います。
先発にユキノオーを見せない事で、必中吹雪の警戒を緩ませる戦術です。
と同時にほぼ100%天候が霰をキープ出来ます。
交代出しするユキノオーの素早さが低いほど霰をキープする事が可能です。
(たまーに交代出し鉄球持ち投げつけるバンギラスという変態型も居ますが…)

今でも控えから出てくるユキノオーはよく見ます。
先発にミュウツーやカイオーガが居た場合は、控えにユキノオーが居ても不思議じゃないと考えても良いと思います。
その分、交代出しされるユキノオーが危険を伴うので、事故防止にラムやタスキなどは必須だと思います。


ラムカゴこそ無いものの、よく練られている優秀なパーティだと思います。
ただ今回は相手が悪かった。

ウッドハンマーとタスキは相性が悪いので、そこにラムかカゴを入れるのが良いかなと思います。
決してタスキハンマー自体は悪くありません。
まぁタスキ持たせるなら草結びで良いと思いますが…




ともあれWCSの幕開けに恥じない試合だったと思います(催眠で一方的ではありましたが)。

これからのWCSにも期待ですね。

スポンサーサイト

テーマ:ポケモン - ジャンル : ゲーム

07:53 | ポケモン(WCS)COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。